このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに


企業内におけるコンタクト方法として電話やファックスが中心だったところへEメールが入り、インスタントメッセージやテレビ会議システムが入りと、今やさまざまな方法でコミュニケーションが取れるようになりました。それに伴い、連絡先をまとめている電話帳が重要になり、単なる電話番号の記録帳から多様なツールを使ったコミュニケーションツールに変わっています。
このように複数のコミュニケーションツールを上手に活用することを「ユニファイドコミュニケーション」とよび、そのシステムが注目されています。そして、この複数のコミュニケーションツールは、1つのシステムで統合されて管理されなければ意味がないものになりつつあります。

重要視されるのはセキュリティが強固な統合された電話帳


社内の内線電話帳や顧客の連絡先などは、どのように管理されているでしょうか。多くの企業は内線表や名刺などの紙で保存したり、自分のPCやモバイル端末に電子データ化して持ち、必要に応じて自身の電話帳に転記して使ったりしています。

ところが企業全体の顧客情報を見るとSalesforceなどのCRMで管理されており 、個人の持つ情報とは結びつきません。例えば顧客情報に変更があった場合、個人の端末は更新したけれども、Salesforceに登録されている情報は古いままということも十分考えられます。逆にいえば、Salesforceの情報が最新であれば、手持ちのモバイル端末にもそのアップデートをしてほしいですよね。

企業としては、個人のもつモバイル端末にデータを渡すことにはリスクを感じます。もし情報漏えい事故がおきてしまったら取り返しがつかないからです。この状況の解決策として現在多くの企業が採用しているのがWeb電話帳です。Web電話帳をサーバにアップして、常に最新の状態にしておくと同時に、個々はWebで電話帳にアクセスして必要な情報を閲覧する。
もちろん、第三者が閲覧できないようにセキュリティをかけておきます。これによってモバイル端末を紛失しても情報漏えいや紛失の可能性はほとんどなくなります。

電話帳コラボレーションアプリ「kumoden」


2016年12月12日、コネクシオ株式会社がクラウドベースの画期的なWeb電話帳、「kumoden(くもでん)」をリリースしました。kumodenは、Salesforceに蓄積された顧客情報と連携して、スマートフォンなどのモバイル端末から顧客情報にアクセスができ、そのままユニファイドコミュニケーションツールとして利用することができます。
kumodenの最も大きく有効な機能は、強固なセキュリティにあります。ユーザーに提供される顧客情報は強固なセキュリティの国内のクラウドサーバー上に格納されていますので、顧客情報の漏えいや抜き出しといったリスクを解消します。また、Salesforceと自動同期されるので、常に最新の情報を利用することができるのも大きなメリットです。

kumoden

ユニファイドコミュニケーションツールとしてのkumoden


kumodenの共有電話帳は、社外の顧客情報だけでなく、社内電話帳にも利用できます。顧客の営業担当がすぐに把握できますし、外部から社内の業務担当者へ連絡を取りたい時にわざわざ別の電話帳を検索することなくスムーズに連絡先にアクセスをすることができます。
また、人気の高いチャット機能もkumodenから直接行えます。kumodenのチャットは、1対1の会話も複数ユーザーでのグループチャットも可能にしています。クローズされた環境ですので、セキュリティも強固です。

業務効率化を支援する便利な機能


便利でセキュアなkumodenのクラウド電話帳は、実際に電話帳を利用するユーザーの業務効率化にも一役買ってくれます。
通話コスト削減に役立つと人気のIP電話アプリとの連携や、プレフィックス自動付加機能がkumodenに搭載されているため、いちいち他のアプリケーションにアクセスする必要がなく、生産性も向上します。着信時の名前表示もちょっとした気づかいのある機能です。

セキュアな環境をモバイル端末にも採用


kumodenはSMSの機能を持っていますが、SMSでのやり取りが端末に残ると、情報漏えいの可能性が残ります。そのため、kumodenのSMSは、履歴を端末に残さない仕様になっています。(Android端末のみ)
また、紛失や盗難のリスクを低減させるため、シンクライアントでの利用が可能になっています。もちろん、管理者による遠隔でのデータ削除やサービス停止も行うことができます。

おわりに
相手の状況にあわせた最適なコミュニケーション手段を選べるだけでなく、セキュアで便利な電話帳コラボレーションアプリkumodenは、Web電話帳というビジネスの中心にあるデータをより効率的に活用させ、ビジネスのスピードアップを図れるツールです。