このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

最近、巷でもよく耳にするようになった「MVNO」。ここでは、MVNOとは何かということから、MVNOを上手く活用することで、どのようなメリットを得られるかなどを合わせて紹介していきます。

そもそもMVNOとは?

MVNOとは、「Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)」の略称。携帯会社の通信インフラを借りることによって、ユーザーに対して格安で無線通信を提供する企業のことです。

なぜMVNOが普及したの?

MVNOが普及した理由として、本体価格が比較的に安価なSIMフリースマートフォンの登場や、格安SIMカードを活用した携帯通信費の見直しなどが挙げられます。
今までは、携帯会社から端末や回線の提供を受けて携帯電話を使用していましたが、最近は格安スマホが普及したことによって、MVNOが注目される流れとなりました。

MVNOを活用することで得られるメリット

MVNOを上手く活用すれば、様々なメリットを得ることが可能です。

まず、最大のメリットは何といっても、通信料金を大幅に抑えられることです。
たとえば、大手キャリアの月額利用料金と比較すると、通話カケ放題のプランと最小データパックの2GBで6,500円ほどかかります。MVNOの場合、通話料は別になるものの、月額1,000円以下で利用できるプランもあり、年間で考えると60,000円以上の差がつきます。とくに、通話をあまり利用しない方や、通信はWi-Fi環境で行うことが多い方にとっては、MVNOの恩恵を最大限に受けられるため、非常にオススメです。

また、契約に関しては、インターネット上で手続きが完了できるうえ、解約する際に大幅な違約金の請求を受けるケースもほとんどありません。、ユーザーにとって一歩を踏み出しやすい内容となっています。

MVNOを活用する際の留意点

お手軽に契約ができ、通信費用も抑えられるMVNOですが、いくつか注意すべき点もあります。

まず、携帯電話で使用していた機能の一部(キャリアメールなど)が使用できなくなります。最近ではLINEやSNSのメールツールなどが普及しているため、キャリアメールの制限に関しては、Gmailなどのフリーメールを受信専用アドレスとして設定さえしておけば、大きな障害にはならないでしょう。

次に、MVNOは通話料が高いという問題点についてです。IP電話で通話料を抑えることができるOCN モバイル ONEや、家族割りやみおふぉんダイアルで通話料を節減できるllJmioなどのプランも登場しており、とくに大きなデメリットではなくなってきました。

ただ、大手キャリアの場合とは違い、幅広いサポートを受けることはできないため、設定などは自分でする必要がありますし、問題が発生した際は自身で解決することになります。

したがって、こういった類のことが苦手な方にとっては、MVNOは少しハードルが高いかもしれません。

上手なMVNOの選び方

様々な恩恵が得られるMVNOですが、選び方を間違えるとせっかくのメリットが台無しになりかねません。MVNOの上手な選び方としては、自身の用途に合わせて選択することがポイント。
具体的には、通話が多い人、テザリングなどのデータ通信が多い人、ライトユーザーの人という分け方で選ぶといいでしょう。

●通話が多い人

MVNOの弱点として、通話料が高いことが挙げられるため、通話が多い人がMVNOを使う時は注意が必要です。
オススメはOCN モバイル ONE、llJmioのみおふぉん、NifMoの通話定額サービス。OCN モバイル ONEでは、IP電話と呼ばれるインターネット回線を通じての通話サービスを利用でき、通常30秒につき20円の通話料金が、固定電話に対しては3分8円、携帯電話に対しては1分16円と半額以下になります。
llJmioのみおふぉんは、「みおふぉんダイアルアプリ」を活用することで、30秒につき10円と通常の半額で通話ができます。

また、MVNOでは初となる家族割りのサービスも提供しており、家族間なら30秒8円で利用できます。NifMoの注目すべき点は、通話定額サービスを取り入れていること。固定電話・携帯電話問わず、月額1300円で利用できるため、通話が多い方にとっては非常にオススメのMVNOであると言えます。

●テザリングなどのデータ通信が多い人

通話はあまりせず、データ通信を頻繁に行う方にMVNOは最適。llJmioは、通話が多い方にとってもお得なMVNOですが、同時に質の高いデータ通信機能も備えています。安定したテザリングができる他、容量の繰り越しや、高速クーポンのON/OFF機能などのサービスを格安で受けることが可能です。

また、データ通信量が多い方にオススメなのが、「U-mobileMAX」。データ専用の場合月額2380円で、25GBの容量を375Mbpsの速度で使用することができます。※2018年4月現在の情報
通常の動画の閲覧や、外出先などのテザリングについては、比較的ストレスフリーで利用できるのが最大の魅力です。

●ライトユーザーの人

通話もさほどせず、データ通信もたまにサイトを見る程度の方にオススメなのが、DMM mobileや、ワンコインで使えるServersManとワイヤレスゲートです。DMM mobileは、容量は1GBではありますが、月額590円(税別)という低価格で利用することができ、とにかく料金を抑えたい人には嬉しいMVNO。

また、さらなる低価格を実現しているのがServersManとワイヤレスゲートであり、こちらは、250Kbpsという速度でしか通信ができないものの、それぞれ467円(税別)、445円(税別)で利用できるワンコインMVNOです。重たい画像が含まれているサイトを閲覧する時や、動画を視聴する際には、Wifiを利用するなどの工夫をすれば、毎月の通信費を大幅に抑えることができるでしょう。


※上記は2018年3月末日時点での弊社リサーチ結果によるものです。詳細につきましては提供元各社サイトにてご確認ください。

●法人契約の場合

会社から貸与される携帯電話での通話・通信データ量については、月々での変動が多くあることもしばしば。

また、法人の場合はデータ通信専用としてMVNOの利用をご検討いただくパターンが増えております。
外出先でのメール・Web閲覧、販売管理などの用途や、M2M、IoTといった分野にも幅広く活用されてきておりますので、ご利用スタイルに合わせたプランをお選びいただくことをお勧めいたします。

当社では、上記のような様々なお客様ニーズに合わせた法人向けのMVNOサービスを扱っておりますので、ご興味がございましたら下記サイトをご覧ください。
ビジネス向けインターネット接続サービス「TRIBE-biz」

おわりに

いかがでしたか。今や、100を超える数になると言われているMVNOですが、用途に合わせて上手に選ぶことができれば、その恩恵を十分に受けることができます。ぜひ、MVNO選びの参考にしてみてください。

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。