このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに


前回は、現場でスマートフォンを活用する従業員の課題解決のために、便利なアプリをご紹介しました。しかし、現場の従業員がこれらのアプリを安全に使用するためには、自社の機密情報を守るためのセキュリティ対策が不可欠です。そこで今回は、そんな社用携帯のセキュリティ管理を行う管理者の方へ向けて、MDMやEMMのモバイルアプリをご紹介します。


社用携帯の管理者の永遠の課題はセキュリティ


外出中の従業員の業務効率を高めたり、テレワークなど多様な働き方を実現したりと、多くのメリットがあるスマートフォン。しかし、社外からいつでもどこでも重要な情報にアクセスできる利便性には、その反面紛失や盗難といったリスクがつきまといます。しかし、社用携帯を社外で持ち歩く以上、これらの事故の可能性をゼロにすることはできません。導入に際して、セキュリティ対策は必須といえるでしょう。


管理者が事前に社用携帯に入れておくべきアプリ7選



MDM(モバイルデバイス管理)アプリ


MDMとは、英語で「Mobile Device Management」を意味します。日本語では「モバイルデバイス管理」と訳され、スマートフォンをはじめとした携帯端末のセキュリティ対策に用いられます。管理者が従業員の端末を一括管理するのに役立つツールです。


【1】SPPM


SPPMは、クラウドで利用できるセキュリティ対策用モバイルアプリです。社用携帯にアプリが入っていれば、端末の状況は常に監視され、総合管理サーバで確認できるようになります。基本機能のプランだけでも、遠隔操作による端末のロックや、非常時の初期化といったセキュリティ対策が可能です。さらにフル機能パックのプランを導入すれば、従業員の勤怠管理から緊急時の位置情報取得など、業務効率化とより強固なセキュリティを同時に実現できる機能が利用できるようになります。


【2】FENCE(フェンス)


トータル情報セキュリティソリューションのFENCEは、スマートフォンの紛失や盗難だけでなく、人的ミス・内部不正・標的型攻撃といった、あらゆる情報セキュリティのリスクに対応可能です。たとえば、メールの誤送信による情報の流出は、自動監査の機能によってブロックされます。不正な情報の持ち出しを抑制し、暗号化や無害化によってサイバー攻撃から自社の情報を守ります。また、テレワーク時も安全に業務ができる環境を整えることで、多様な働き方の実現につながるのも魅力です。


【3】Optimal Biz(オプティム)


Optimal Bizは、社用携帯のセキュリティ対策を講じるとともに、従業員の業務効率の低下を防ぐのに役立つモバイルアプリです。遠隔操作でスマートフォン端末のロックやデータの消去ができるため、情報漏えい対策としてセキュリティの強化ができます。その一方で、社用携帯による業務とは無関係なアプリの利用やWebの閲覧に制限をかけることで、業務用スマートフォンの私用を防げるのが特徴です。従業員を本来の業務に集中させると同時に、業務上必須であるセキュリティ対策もカバーできます。


【4】CLOMO MDM


MDM市場でNo.1のシェアを誇るサービスであるCLOMO MDM。簡単な操作性で、管理者がスムーズに社用携帯の一括管理をできるようになります。万が一スマートフォンに利用ポリシー違反やセキュリティ違反が見つかった場合には、自動で違反を検知してユーザーと管理者に通知します。管理者が従業員の不正を常時監視する手間が省けるのがメリットです。ほかにも、Wi-Fiの利用制限や、パスワードの失敗回数制限など、セキュリティ強化のために細かな設定ができるのも特徴といえます。





EMM(エンタープライズモビリティ管理)アプリ


EMMとは、英語で「Enterprise Mobility Management」を意味し、日本語では「エンタープライズモビリティ管理」と訳されます。MDMの機能のほか、MAM(モバイルアプリケーション管理)、MCM(モバイルコンテンツ管理)の機能も統合され、セキュリティ強化と同時に従業員の生産性向上が期待されています。


【5】Mobiconnect(モビコネクト)


ビジネスシーンだけでなく、教育現場でも活用されているMobiconnect。ITが苦手な管理者でも、直感的に操作しやすい画面構成で、多数の端末を一括で管理できるのが魅力のツールです。万が一、端末を粉末したときの情報漏えい対策ができるのはもちろん、オプションプランではWebフィルタリングやアプリ管理も利用可能となっています。アプリ管理を利用すれば、すべての端末に一括でストアアプリや社内アプリの配信が可能で、業務効率の向上が期待できるでしょう。


【6】Airwatch


個人のスマートフォンをビジネスシーンでも利用する場合のある企業では、ひとつの端末でプライベートとビジネスの切り分けができる、AirWatchがおすすめです。スマートフォン端末の中に、ビジネスシーンで利用する領域を構成して、こちらの領域のみを管理者が監視できるようになります。もちろん、EMMだからこそ端末のセキュリティ対策も可能です。スマートフォン端末・アプリ・コンテンツ・Emailという4つの分野を、このアプリひとつで管理できるようになります。


【7】Mobilelron


大企業における本格的なセキュリティ対策にも導入されているMobilelronでは、社内の情報セキュリティを確保するとともに、従業員の生産性を高める効果が期待されています。モバイル端末・アプリ・コンテンツ・メールの安全性を確保することで、快適な社用携帯の活用を実現できます。たとえば、現在多くの企業が利用しているMicrosoftのOffice365も、こちらのアプリで安全な利用が可能です。十分なセキュリティ対策を講じつつも、ユーザーとなる従業員の使い勝手を損ないません。





おわりに


社用携帯の導入にあたり、必須のセキュリティ対策であるMDMやEMM。スマートフォンは電話機能のほかにも便利な機能が多数ありますが、情報漏えいのリスクがつきものです。どのアプリを導入するべきかは、自社で制限したい内容によって変わります。最適なアプリを検討したい場合は、コンサル会社に相談してみましょう。また、MDMやEMMの管理やサポートのコストが気になる場合は、アウトソーシングするのもおすすめです。





モバイルに最適なセキュリティ対策ってなに?


【目次】
1章 整理しておきたいMDM・EMM
2章 MDM・EMMを選ぶときに忘れてはならない3つのポイント
3章 一目でわかる!最新MDM・EMM 機能一覧
4章 ケーススタディ:MDM・EMM導入で成功した2社の事例

モバイルに最適なセキュリティ対策ってなに?





会社スマホにつきまとうセキュリティ対策、どうしていますか?


【目次】
1章 ニーズ別!モバイルデバイスの業務利用で必要となる対策
2章 ケーススタディで学ぶ!ニーズに合わせたモバイルセキュリティの実践
3章 自社に最適なモバイルセキュリティを実現するに?

会社スマホにつきまとうセキュリティ対策、どうしていますか?





※コネクシオではモバイル端末管理業務において、様々なサポートをさせていただいており、
各企業様のフェーズに合わせたご提案もさせていただいておりますので、気になることがございましたら
ご相談を頂ければと思います。


    コネクシオのモバイルBPOサービス






※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。