このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに


営業支援ツールの中でも特に有名なSalesforceは、企業の規模を問わず、スタートアップや中小企業でも十分に活用できるSFAです。スモールスタートだからこそ、導入のメリットをより実感しやすく、課題解決につなげることができます。こちらでは、中堅中小企業をはじめとした小規模な企業へ向けて、Salesforceの導入により営業部門が得られるメリットをご紹介します。


Salesforceは大企業だけのもの?Salesforceに持つイメージは?


SFAを提供している数ある企業の中でも、とりわけ有名なセールスフォース・ドットコム社。同社から販売されているSFAは、現在も業界のトップシェアを誇り、日本国内でも多くの企業に導入されています。そんなSalesforceは、中小企業が導入するにはやや不向きな、“大企業向けの商品”というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実際には中小企業だからSalesforceを利用しにくいなどということはございません。同社のサービスはあらゆる規模の企業へ向けて開かれており、そもそも同社では、資金力にかかわらず幅広い企業がテクノロジーを活用し、ビジネスチャンスが得られる社会を目指して、「ITの民主化」を掲げています。そのため、Salesforceは決して大企業だけのものではないのです。

中小企業にもおすすめ!Salesforce導入のメリットと解決できる課題


中小企業がSalesforceを導入するメリットとしてまず挙げられるのが、自社にIT部門がなくても無理なくシステムを導入できる点でしょう。クラウド型のSFAは、社内でのメンテナンスやアップデートの必要がありません。SFAを営業部門に導入することで多くの業務をシステム化でき、属人化しがちだった営業活動をチームでカバーしやすくなります。

また、営業活動をするうえで生じる事務作業をSalesforceに任せれば、社員は本来やるべき営業業務に専念できるようになります。たとえば、営業活動のデータをSalesforceで一括管理すれば、報告書の作成コストが削減できるようになるでしょう。営業部門の人数が少ない中小企業にとっては、一人ひとりの生産性を向上できる点で、大きなメリットだといえます。

Salesforceを活用して情報共有が活発に行われることで、顧客管理や社員同士のサポートがより行いやすくなれば、売上の向上も期待できるでしょう。システム上ですみやかにレポート提出ができることで、上層部の意思決定にかかる時間も短縮され、よりスピーディーな判断ができるようになります。スタートアップや中堅中小企業でも、Salesforceの導入でさまざまな課題が解決できるようになるでしょう。

コストパフォーマンス


営業部門に多くのメリットをもたらすことが期待されているSalesforceですが、1アカウントあたりの利用料金が高額に感じられ、導入費用が気になるかもしれません。そんなときは、利用する社員の所属部門に応じてアカウントのライセンス形態を切り替え、できるだけコストを抑えた運用をしましょう。

Saslesforceは利用人数に合わせてアカウント数を選べるほか、ライセンスの形態を選べるようになっています。ライセンスの形態によって利用できる機能が異なるため、たとえば営業部門の社員にはより多くの機能を利用できるライセンスを、そのほかの社員にはより低額なライセンスを割り当てることも可能です。

必要以上に高いコストを払う必要がなく、自社の規模に合わせて無理なく導入できるのはSalesforceの魅力のひとつ。宝の持ち腐れにならないためにも、コストパフォーマンスをより高められる運用方法を検討しましょう。


まとめ


スタートアップを含め、中小企業の営業活動支援でも好評なSalesforce。Salesforceを導入することで、営業部門が本来やるべき業務に集中できるようになり、業績アップの効果が期待されています。一見すると大企業向けのシステムに見えるかもしれませんが、意外にも小規模な事業だからこそ活用しやすい側面もあるのです。導入するからには効果を高める工夫をしつつ、ぜひ前向きに検討してみてください。