このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに


近年、在宅勤務やテレワークなど、働き方の多様化が進むにつれコミュニケーションの在り方が業務効率を左右する時代になりました。コミュニケーションの取り方は各担当者によってさまざまですが、日常の慣習や手段に疑問を持たない限りは、課題に気づかない企業も多いと言われています。たとえば、「メールの返信が遅い/電話がつながらない、は当たり前」など慣習や手段にとらわれてしまうと企業のレスポンスの遅さが顕著に表れます。
しかし、業務を円滑に進めるためには、社内外問わずコミュニケーションのスピードは重要ですよね。

では、あなたの会社はコミュニケーションが円滑にできていて、風通しの良い環境でしょうか?一般的なコミュニケーション課題からあなたの会社の状況を診断してみましょう。



あなたの会社は何個当てはまる?コミュニケーションツール導入診断


何個当てはまるか、チェックしてみましょう!

診断結果の解説


いかがでしたでしょうか。該当個数を数えて結果と照らし合わせてみて下さい。
もし環境整備を行う必要がある場合、次世代コミュニケーションツールの導入がオススメです。


<10個以上当てはまる>


社内外でのコミュニケーションについて、極めて非効率なコミュニケーション文化があるように見受けられます。働き方改革、業務効率の向上といった観点から注目を浴びている「ビジネスチャット」「社内SNS」といった次世代コミュニケーションツールを活用してみてはいかがでしょうか?多くの企業で情報共有の手間削減や業務対応スピードの向上、しいては残業時間削減が可能です。


<4個~9個当てはまる>


社内外のコミュニケーションにおいてリアルタイム性が欠如している可能性があります。
発信した情報確認のタイムラグが発生し、メールや電話など、複数の連絡ツールを利用していることで業務が複雑化しているように見受けられます。また、会社が許可していないデバイスでのリスク対策の課題にが当てはなる方は、コミュニケーション改善に加えてセキュリティ観点の見直しもすることをおすすめします。


<3個以下>


比較的コミュニケーションはうまくいっているようです。 緊急課題ではありませんが、より社内外のコミュニ ケーションを円滑にしたいとお考えの方は、どこに課題が埋れているのか把握するためにもコンサルティング会社にノウハウをお聞きすることをおすすめします。


おわりに


ビジネスチャットや社内SNSといった次世代コミュニケーションツールを導入・活用している企業の、“導入に至った課題”をベースに診断項目を設定してみましたが、いかがでしたでしょうか?
複数チェックがついた方は、自社で抱えている課題がツールを活用することで、払拭できる可能性があります。ぜひ自社内で課題を洗い出し、コミュニケーション課題の解決に最適な次世代コミュニケーションツールを探してみてはいかがでしょうか?







社内外でのコミュニケーション不足を解消したい!
ツールを活用した働き方改革のススメ


本資料はそんな各担当者の生の声と診断ツールをお付けし、コミュニケーションの課題を解決する方法をご紹介します。ぜび、コミュニケーションの課題を解決するための検討材料にしてみてはいかがでしょうか。
コミュニケーションツールスペシャルコンテンツ



ビジネス版コミュニケーションツールで人気の高いサービスの紹介


ビジネスチャットサービス