マネージドサービスの利用シーン

実際にマネージドサービスを利用されているお客様から、サービス活用の事例をご紹介します。

お客様と同一環境を実現し、サービス主幹部署として機能

A社、B社、C社の事例では、VPN(仮想プライベートネットワーク)によってお客様の拠点と当社のヘルプデスクで同一環境を構築。専用のPCを借り受け、情報システム部などの主幹部員として機能しています。

A社では、グループウェアなどのポータルサイトにモバイル端末に関する使い方、注意事項、設定方法などのマニュアルを掲載し、更新作業を担当。社員名簿も最新の状態にすべく、人事データを確認しながらメンテナンスを実施しています。

B社では、借り受けるPCが顔認証となっているため、よりセキュリティの高い運用を行っています。情報システム部員として、各種申請・問い合わせなどの業務を実施。ワークフローの経路に入り、受発注に対応していることも大きな特長です。

C社では、お客様の拠点と近いことを利用し、ヘルプデスクと拠点を内線接続。情報システム部員として各種業務を実施するほか、 お客様のメール室としても機能しています。

ITサービス提供者として、先を見越したコンサルティングを実施

D社、E社の事例では、ヘルプデスクの設置や全国支店のフォローなど、より深く入り込んだマネージドサービスを提供しています。

D社では、VPN経由でWeb電話帳登録をサポートするほか、財務システム取り込み用の通信料ファイルを作成・納品しています。各種申請においては、オフィス不在の利用者を考慮して、当社ヘルプデスクから管理者へ代理申請するフローを設計。また当社の全国営業担当がD社の全国各支店管理者と月例で定例会を開催しています。

E社では、IT部門が提供するITサービスのうち、モバイル端末全般の移動体通信に関するサービス提供者として当社が機能。MDMなどの各種サービスの導入検討・検証を実施し、先を見越したITサービスの提供を行う役割を担っています。

お客様が抱えるモバイル関連の困りごとをまとめてサポート

F社、G社、H社の事例では、お客様が抱えるモバイル関連の困りごとを、それぞれのニーズにあわせてサポートしています。

F社では、Web電話帳の運用代行を手がけています。そのほか、モバイル端末通信料、モバイル端末購入費、修理費などの付加費用を回線ごとに一覧確認できるWebサービスの提供とメンテンスを行っています。

G社では、電報や電話会議システム、通信事業者など、当社取り扱い商材以外のベンダーに対しての各種申込み・変更をワンストップで実施。通信・利用料は請求代行会社を活用し、請求データをお客様の基幹システム用に加工します。また、料金管理システムへアップロードして、費用負担部署の管理者や利用者に開示しています。

H社では、VPN経由で専用サイトにアクセスし、モバイル端末で利用するクライアント証明書の発行、災害時内線電話の利用登録作業を実施。証明書はSDカード経由でモバイル端末にインストールして出荷します。また、お客様の独自アプリに対する問い合わせ対応含め、グループ会社(18社)分の運用を担当しています。

事業規模に関係なく導入から一元管理・運用までをお手伝い

中小規模のお客様も万全の態勢でサポート。モバイル端末の手配、問い合わせ対応、故障・紛失対応などを用意し、お客様のご要望に沿ったマネージドサービスをご提供します。

例えば紛失に特化した「紛失おまかせサービス」では、24時間365日対応の専用ヘルプデスクを開設し、まさかの事態をフォロー。当社MDMとお申込みいただければ、非常にリーズナブルな価格でご利用可能です。

親会社が子会社・グループ会社をまとめて管理・運用することも可能です。また、1社だけでは導入が難しい場合でも、複数社を束ねた形でサービスを運用することもできます。例えば資本関係のない同業種の複数企業をひとつのグループとして対応することも可能です。柔軟かつ豊富なメニューをそろえておりますので、ぜひコネクシオにご相談ください。