コミュニティへの参画およびコミュニティの発展

地域の一員として、事業を展開する地域との交流を深め、事業を通じた地域社会の発展に貢献しています。

職業体験の実施

ドコモショップ常盤東店は、地域のお客様とより身近な関係作りのため今年度より様々な取り組みを主体的に推進しております。「キッズ 職業体験 」は夏休みに入った子どもたちにドコモショップのお仕事を体験してもらい、楽しいことや難しいことなどを感じてもうために実施致しました。参加要項は小学校1年生~ 4 年生までで6名定員で募集したところ一週間で定員に達しました。アンケートでは、子どもたちから“楽しかった”と書いてもらえたので一生懸命考えて準備してよかったと感じました。
これからもお客様へご満足いただけるような、あらゆる地域貢献活動にチャレンジしていきたいと思っています。

職業体験
●スマートフォンのサンプル拭き
●子どもたちと挨拶の練習をするドコモショップ常盤東店 阿部 真璃亜
●子どもたちと挨拶の練習をするドコモショップ常盤東店 阿部 真璃亜

「eネットキャラバン」への参画

総務省では、文部科学省及び通信事業者等と連携し、保護者や学校の教職員、児童生徒を対象とするインターネットの安心・安全な利用に向けた啓発活動としてe-ネットキャラバンを推進しており、当社は積極的に参画しています。
当社には認定講師が 73名おり、今も増え続けています。小学校、中学校、保護者、教職員向けに近隣のショップスタッフなどが講師として講演し、実施回数は合計13回開催、参加していただいた生徒・保護者・教職員は、2,325人となりました。
子ども達が、より楽しく便利に使うために、携帯電話やスマートフォンに潜む危険性、家庭内ルールなど、それぞれの経験を交えて、わかりやすく丁寧にお話をしました。

●東松山市役所で教職員向けのe-ネット安心講座を行う消費者相談室 田口 麻理子
●東松山市役所で教職員向けのe-ネット安心講座を行う消費者相談室 田口 麻理子
●インターネットの危険性を伝える首都圏ショップ営業第二部 辰野 恒
●インターネットの危険性を伝える首都圏ショップ営業第二部 辰野 恒

熊本地震における停電中の充電サービス活動

●ドコモショップ阿蘇一の宮店で対応
●ドコモショップ阿蘇一の宮店で対応

2016年 4月14日に発生した熊本地震において、当社が運営する阿蘇地域 3店舗で被害があり、ドコモショップ阿蘇一の宮店では 4日間の停電が続きました。営業が再開できないことからスタッフは、いま社会の役に立つ活動とは何かを考え、電力供給のあった市役所と連携し、10 個の補助充電器を交互に入れ替えながら、お客様の携帯電話の充電サービスをしました。

法政大学でのCSR講義

2017年7月3日、法政大学人間環境学部の長谷川直哉先生の授業「CSR論Ⅰ」で CSRの講義を行いました。当社は就活生をステークホルダーとして考えており、これから社会人になっていく大学生にとって、企業を選ぶ判断基準の1つとして、当社のCSRの考え方・推進体制・活動事例をご紹介しました。今後もさまざまな大学でのCSR講義を拡大し、CSRの重要性を伝えていきたいと思います。

●当社のCSRの考え方・取組み内容を説明するCSR・コンプライアンス推進課 課長 武石 博勝
●当社のCSRの考え方・取組み内容を説明するCSR・コンプライアンス推進課 課長 武石 博勝
CSR講義を聴講する約250名の大学生

警察と連携した防犯講話

●特殊詐欺の被害をなくすために杉並区立久我山会館で、安全な使い方を 説明するドコモショップ浜田山店 副店長 向井 麻似子
●特殊詐欺の被害をなくすために杉並区立久我山会館で、安全な使い方を 説明するドコモショップ浜田山店 副店長 向井 麻似子

2017年1月17日、特殊詐欺被害の犯行ツールのほとんどが固定電話と携帯電話であり被害に遭う高齢者が増加傾向にあるため、安全な使い方を私たちが伝えることで犯罪抑止対策に結び付けたいと考え、高井戸警察署と連携し、『特殊詐欺対策・スマホ教室 』を実施しました。