公正な事業慣行

コンプライアンス経営を重視し、公正・公平な取引を徹底するとともに、情報セキュリティの確保に努め、社会から信頼される事業活動を推進しています。

コンプライアンス意識浸透に向けた取り組み

やってはいけない行動
従業員へコンプライアンス意識の浸透を図るため、「コンプライアンスプログラム」と当社の事業に関連する法令や注意点などを記載した「私たちの法令ハンドブック」をイントラに掲載し、必要に応じて確認できるようにしています。
新入社員および中途入社者には、コンプライアンスの心得を身につけ、決して不祥事を起こさないことを目的に、入社時研修を実施しています。
全従業員を対象にした取組みでは、「コンプライアンス強化月間」として特定テーマの研修を年2回実施しています。また、課長・店長・副店長などを対象に「副店長以上研修」を年2回実施し、管理監督者として必要な知識を身につけ、コンプライアンス事故の撲滅に向けた教育をしました。また、CSRの理解を深めるため、CSR方針・CSRの重要課題・CSR活動事例より、自らCSRを考え、行動に結び付ける教育を実施しました。
このほか、実際の発生事案を「内部情報事例」として情報を発信し、全従業員に事例・ルールの理解を促し、理解できたかの確認をしています。これにより、徹底不足やルールの誤認識を最小限に抑えています。

セキュリティ・コンプライアンス意識向上に向けた取組み

セキュリティ強化に向けた取り組み
当社では店舗の情報事故およびコンプライアンス事案を未然に防止するため、全国のドコモショップに年2回セキュリティチェックを行い、定期的にセキュリティ研修を実施しています。また、渉外チームは、従業員が適切に応対することができるようサポートをしています。auショップ・ソフトバンクショップでは、独自に策定したセキュリティカード「セキュリティ6 ヶ条」を全員に配布し、ショップ朝礼時に唱和することでセキュリティ意識の向上に努めています。

情報セキュリティと物流業務品質

当社は高い公共性を有するキャリア(通信事業者)の委託を受け、携帯電話を販売しています。その中で日々お預かりする膨大なお客様情報を適切に管理・保護していくことは、社会の信頼に対する当然の責務であると考えています。当社はこの責務を果たしていくことを経営の最重要課題と位置付け、「情報セキュリティポリシー」と「個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)」を定め、これに基づき細心の注意のもと情報を取り扱っています。2004年8月には業界に先駆けて「情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)適合評価制度」認証を東京・菊川開通センターで取得し、以来その適用範囲を拡大してきました。その後、この制度が国際標準規格「ISO27001認証基準」へ移行したため新基準の認証取得に努め、現在では、菊川および札幌開通センター、本社の法人営業部門と2か所のビジネスセンター、関西支社駐在、本社のスマートサービス推進部門、情報システム部と2か所のデータセンターにて認証を取得しています。また、2016年8月に特例子会社コネクシオウィズ㈱菊川本社においても、当該認証を取得しました。2017年8月、法人営業部門(菊川)に加えて、コネクシオウィズ㈱関西分室も認証取得しました。