組織統治

経営の高い透明性、公正性を確保し、社会的に責任ある行動をとり続けていくために、企業統治、法令遵守、リスク管理の充実に努めています。

コーポレート・ガバナンス

当社は、「人をつなぐ、価値をつなぐ」という理念ステートメントのもと、安心で快適な社会の実現に貢献することで、全てのステークホルダーの皆様との信頼の絆を深め、継続的な企業価値の向上を図りたいと考えております。そのための基本方針として、コーポレート・ガバナンスの継続的強化を経営上の重要課題であると認識し、実効性のあるコーポレート・ガバナンス体制の構築に努めます。

コンプライアンス

当社は、法令(法律、条令、その他の政府・業界の規制等を含む)・社内規程の遵守はもちろん、社会の倫理や規範等を守りながら事業活動を推進しております。

内部情報への対応

当社では、①法令や社会規範、社内規程に違反するか、または違反する恐れのある事実、②取引先やお客様に重大な影響を与える恐れのある事実を「内部情報」と定め、経営に与える影響の重要度により、これらを「レベルA」「レベルB」「レベルC」の3 段階に分けています。内部情報が発生すると、発生部署の主管者( 部長)がCCOに報告します。CCOはそのレベルを判定し、レベルごとに決められた部門長または部長に対応方針の決定を命じ、現場がその方針に沿って対応するという一元的な管理体制をとっています。