CSR重要課題

5つの重要課題

コンプライアンス・情報セキュリティ

コネクシオは、暮らしとビジネスのライフラインを担う責任を深く自覚し、誇りとしています。法規制や社会規範などを遵守するコンプライアンスと、お客様情報を保護する情報セキュリティは、社会の信頼に対する当然の責務です。コンプライアンスを推進し、情報セキュリティを確実にするために、従業員への教育に力を入れています。

   ステークホルダーとの関連性 (影響が発生する範囲)

顧客満足

コネクシオは、安心・安全で快適な暮らしの実現に貢献するため、コミュニケーション・ネットワークを通じて、新しい価値とお客様の期待を超えるサービスをお届けしています。お客様に心から満足いただける質の高い応対とサービスをお届けするために、従業員への教育に力を入れています。

   ステークホルダーとの関連性 (影響が発生する範囲)

従業員満足

コネクシオは、「ESなくしてCSなし」、つまり、従業員満足(ES)の向上が顧客満足(CS)の向上を生み、それによって会社も発展できると考えます。フレキシブルな勤務体系の導入や休暇取得、短時間勤務など、ワーク・ライフ・バランスを推進する制度の整備を行っています。また従業員満足度調査、ストレスチェックを実施し、従業員の声を経営に反映していくことも大切にしています。

   ステークホルダーとの関連性 (影響が発生する範囲)

人財育成

コネクシオは、従業員のEA(エンプロイアビリティ)を高めることを人財育成のポリシーと定め、既存事業に捉われない幅広いフィールドで活躍できる人財を育成してまいります。また、従業員の多様な個性を受け入れ、尊重しながら、一人ひとりが能力を発揮して、働く喜びを実感できる職場づくりを進めています。

※女性管理職:課長職以上
 女性監督職:店長等の責任者
   ステークホルダーとの関連性 (影響が発生する範囲)

事業を通じた地域貢献

コネクシオは、事業活動を行うあらゆる地域と協調・連携を図り、地域の一員として事業を通じた地域社会の発展に貢献していきます。店舗近隣の方々をはじめ、インターネットの安心・安全な利用の啓発活動を積極的に展開しています。

   ステークホルダーとの関連性 (影響が発生する範囲)

SDGs(持続可能な開発目標)達成への取組み

2015年9月の国連持続可能な開発サミットで、150を超える加盟国首脳の参加のもと、その成果文書として、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。このアジェンダは、2030年までに達成すべき目標として掲げられたのが、17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)」です。SDGsは官民共通の目標として課題解決が求められていることが特徴です。コネクシオは事業を通じて持続可能な社会の発展に貢献していきます。

図を拡大する

「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)についてはこちら をご覧ください。