IRポリシー

情報の開示基準

当社は、CSR方針の中で「健全で透明な経営を推進し、事業・財務状況を適時かつ適切に開示」することを定め、各種法令に則った迅速な情報開示を行うことを基本方針としています。また、それ以外の情報に関しても、全てのステークホルダーの皆様にとって有用な情報となるよう、迅速で、正確かつ公平な情報開示に努めます。

情報の開示体制

株主・投資家との対話は、社長及びIR担当役員である職能管掌役員が統括し、積極的な対話と適時適切な情報開示を推進しています。IR担当部署は、経営企画、総務、財務、経理、法務等の各部署と日常的に適宜情報交換を行い、有機的な連携体制を取っています。

対話の充実

個別面談以外の対話の手段として、定時株主総会後の株主懇談会や、機関投資家・個人投資家向け決算説明会を開催し、直接的な対話の機会を充実させています。
対話において把握した株主・投資家の意見及び懸念については、IR担当部署が取り纏めた上で、必要に応じて取締役会及び社内担当部署へフィードバックし、情報の共有・活用を図っています。

IR活動沈黙期間

インサイダー情報については、社内規程に従って厳重な管理を行っています。また、決算情報の漏えいを防ぎ、公平性を確保するために、決算期末の翌1日から決算発表日までをIR活動沈黙期間として株主・投資家との対話を制限しています。