コネクシオ採用情報サイト

  • 新卒採用エントリー
  • ドコモショップ アルバイト・パート・契約社員 求人|コネクシオ
  • 障がい者採用エントリー
  • コネクシオを知る
  • 仕事と人を知る
  • 採用情報
  • よくあるご質問
  • 5分でわかるコネクシオ

多様性×営業事務 殻を破らなきゃ。そう思わせてくれる場所で働く 金田 大 MASARU KANEDAショップ営業第四部門営業推進統轄部 統轄二課2011年入社 多様性×営業事務 殻を破らなきゃ。そう思わせてくれる場所で働く 金田 大 MASARU KANEDAショップ営業第四部門営業推進統轄部 統轄二課2011年入社

一人の戦力として働く

調理師として10年間、働いた。フレンチ、中華、和食……、器用な自分に気付いた10年。その後は、建築メーカーに転職、3DCADを使いこなし図面も書いていた。その気になれば何でもできる。
私が交通事故に巻き込まれたのは、そんな自信に充ち溢れていたころでした。
相手の過失によって突然、見舞われたアクシデント。医師から告げられたのは「もう歩くことはできない」という絶望的な事実でした。しかし、人にできないと言われるほど癪に触ることはありません。絶対に歩けるようになってやる。私はその一心で過酷なリハビリに耐え、短時間・短い距離であれば何とか歩くことができるところまで回復できたのです。
ところが、以前の仕事を続けることはできませんでした。なぜならフィールドワークが多く、立ちっぱなしの仕事が多かったからです。今度はデスクワークか……なかなかうまくいかない就職活動の中、MOSやパソコン検定の資格を取得することにしました。しかしこのことで状況は一変。自分でも驚くほど複数の会社からオファーをいただくことができました。コネクシオを選んだのは、健常者との垣根が低く、一戦力として見てくれたからです。コネクシオは成果さえ出せば認められる制度も、活躍した前例もありました。私はこの場所に自らが働く意味を見出すことができたのです。

成果を見てくれる会社

現在、私は営業推進統括部に所属し、全国のau・ソフトバンクショップにおける販売台数の進捗管理や、各通信キャリアにおけるインセンティブ計数管理などを担当しています。これらの数字は、各ショップの店長やスタッフ、営業担当者らが参考にする重要なもの。そこに間違いは許されません。ところが、これらの数字や各通信キャリアにおける施策は、日々細分化しており、抽出項目が肥大化。まとめるのにかなりの時間を要するだけでなく、ヒューマンエラーによる間違いも生じてしまう状況でした。
これらの数字は経営陣や部長陣も欠かさずチェックするので、当初はよく怒られた記憶があります。しかし、改善しようにも膨大な数字を前にヒューマンエラーは避けては通れないもの。私はそこで労力に頼るのではなく、Excelのマクロを使ってシステム化を試みました。業務効率を向上させ、ヒューマンエラーを減らしていったのです。
この取り組みを実現したことで、店舗スタッフや営業スタッフからは多くの感謝の言葉をいただき、その後は、さまざまな人に頼ってもらえるようにもなりました。そして、この成果を見逃さず、会社が評価に反映してくれたことが、何より嬉しかった。その気になれば、なんでもできる。その自信が再び蘇ってくるようでした。

上を向いて、歩き続けていく

戦力として仕事ができる、活躍できる。それは大きな魅力ですが、やはり障害によって不便な状況に陥ることは避けられません。そうした点に配慮してもらえることも、この会社の良いところだと思います。職場は私が歩きやすいように、しっかりと整理整頓がなされていますし、周囲の方もしっかりと支えてくれています。また、職場が移転した時には、人事担当者が車椅子での通勤に支障がないか、同行してくれたりもしました。制度や仕組みも大切ですが、こうした人の優しさ、チーム意識のようなものが、私に何よりの心地よさを与えてくれています。
私はコネクシオに入社して、本当によかったと思っています。そのいちばん大きな理由は、あくなき向上心を持った仲間に囲まれていることです。彼らを見ていると、「自分もこのままではいけない。殻を破らなきゃ」という気持ちにさせられます。今後の目標は、もっともっと自分の可能性を広げていくこと。経理の資格を取る、アドミニストレーターの資格をとってシステム管理者になる。選択肢は無限にあります。今なお、上を向き続けていける。それは、私にとって何より幸せなことなんです。

MEMBER PROFILE
2011年 中途入社。営業推進統轄部に配属、現在に至る。
(本ページに記載の所属部署はサイト制作時点のものです)

他のメンバーを見る