このエントリーをはてなブックマークに追加

営業支援ツール(SFA)は、個人だけでなく組織の営業力も強化をしてくれる会社にとって非常に有益なツールです。営業で必要になるさまざまな情報をシステムによって一元管理することで、業務の効率化を実現できます。

現在、さまざまな企業で導入されているSFAですが、このツールがなぜ今企業から求められているのか、そして営業支援ツールとはどんなものがあるのかをご紹介していきます。

営業支援ツール(SFA)とは


営業支援ツール(SFA)とは「Sales Force Automation」のことで、顧客情報や営業進捗などのいろいろな情報を整理し、営業の管理者から現場の担当までデータベースを共有することで、マーケティングの向上にも活用されます。

営業支援ツールの特徴


既存顧客や見込み顧客などの案件情報・商談情報、そして名刺管理や日報、メッセンジャー機能など、さまざまな情報の一元管理を行うことができます。
モバイルにも対応しているものも多く、外出先でのスマートフォンやタブレットでも情報の入力や確認をすることができ、時間的効率化も図ることができるようになります。

営業支援ツールの種類


営業支援ツール(SFA)の種類としては各社特徴がありますが、よく比較されているツールをご紹介します。

・Salesforce(セールスフォース)
・eセールスマネージャー
・Knowledge Suite(ナレッジスイート)
・顧客創造日報
・WaWaFrontier(ワワフロンティア)
などです。

主にクラウド型のサービスが多くなっていますが、その中でも、一番利用されているのが「Salesforce」です。


なぜ今求められているのか


SFAの導入が進んでいる背景として、IT化が進みさまざまなデバイスの普及に伴い、情報管理の方法も多岐に渡っています。こういった中で、デジタル機器を使いこなす従業員はあたりまえの存在になり、そのスキルを活かしていかに業務効率化を図るかという活動が企業の取り組みとして注目されています。

現在たくさんの企業から業務効率化の製品が提供されていますが、中でも営業支援という部分にフォーカスされたSFAは、さまざまな機能を持つことで今まで以上に業務負担を軽減してくれるサービスになっているのです。

大企業のみならず、中小企業の営業組織なども導入が増えており、営業管理という点では必要不可欠なツールだといえます。

営業支援ツールが無い場合


営業情報の管理といえば、代表的なのがエクセルでの管理。
インストールされているデバイスでは無料で利用でき、必要な項目などもカスタマイズができるのが特徴ではありますが、情報の管理という点ではどうしても限界が出てきてしまいます。

エクセルを利用した営業管理方法については下記記事でもご紹介しています。
  • エクセルでの営業管理方法はこちら


  • エクセル上で管理できない情報は、機能ごとに別の方法で管理をしているケースも多くあります。

    ・日報は専用のツール
    ・顧客リスト・案件管理・営業進捗管理は個別のエクセル
    ・コミュニケーションはグループウェアやメール
    ・スケジュールは専用の管理ツール
    ・営業の振り返りや会議資料はPowerPoint
    など。

    やりたいこと毎にツールを分けていると、情報が散在してしまい、非効率なまま業務を遂行することになってしまいます。


    ミクロなコストとマクロなコスト


    顧客管理を軸とした情報の散在は業務の効率化をするうえでは、妨げになってしまうこともあります。
    いつ誰と何を話したのか、その企業は何を求めていて、過去の実績はどうだったのか、担当者の情報や予算など、各ツールの横断や目当ての情報を探し出すだけでも時間を取られてしまいます。

    また、情報の蓄積が会社の資産ともなるため、ひとつのツールの中にすべて含まれていることは管理する側にとっても非常にわかりやすく重宝されます。

    こういった細かいコストの積み重ねが大きなコストと変わるため、業務効率化において課題を感じている企業は、今のうちからSFAの導入を検討していくことをおすすめします。


おわりに

いかがでしたでしょうか。SFAの基本的なことについてまとめました。SFAはクラウドサービスの特性を活かして、まずは使ってみることが大切だと思います。まずはシンプルなSFAを導入してみましょう。効果が出てきたら、次のステップのSFAに乗り換えてもよいかもしれません。ぜひ、参考にしてみてください。