このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに


ビジネスチャット、社内SNSをはじめとする次世代コミュニケーションツールは、業務効率化を行ううえで優れたツールであると、コミュニケーションのスピード、情報共有のしやすさ、セキュリティ面、などからすぐに実感できます。 しかし、ただ単にツールを導入するだけではコミュニケーションの改善にはつながりません。
企業は導入後にどうなっていたいのか、業務上何を改善していきたいのかを明確にし、それに対してしっかりとルール付けを行い、浸透させていくことが大切です。そこでコミュニケーションツールを浸透させるために考えておきたい3つのポイントを整理してみましょう!








次世代コミュニケーションツール浸透のポイント①:導入目的

まずは何のためにコミュニケーションツールを導入するかです。
自社のコミュニケーション課題を把握し、その課題を改善することを 目的にして利用者に周知させなければ結局誰も使おうとしません。
まずは改善後のあるべき姿を言語化し、そのために必要なものがコ ミュニケーションツールであると明確化できると、導入後の利用がス ムーズに進みます。

次世代コミュニケーションツール浸透のポイント②:利用者視点を常に考える

次世代コミュニケーションツールは「ビジネスチャット」「社内SNS」「グループウェア」などさまざまなものがあります。
しかし、利用ツールが乱立してしまうと利用方法に迷いがでるため、各ツールの用途や目的を利用者視点で整理し、利用者が困らないように社 内の環境整備を行うことも重要なポイントです。

次世代コミュニケーションツール浸透のポイント③:目的の定期的な見直し

導入目的を明確にし、運用を開始したあとにも定期的な見直しを行うことが大切です。もし、利用者に迷いが出てあまり活用されていない場合、目的がしっかり周知されていない可能性があります。

また、コミュニケーションを円滑化 するだけでなく、業務効率化を図るうえで活用できる機能はいくつもあります。 いきなりすべての機能を利用するのではなく、状況に合わせてステップアップしていくことも大切です。

おわりに


国をあげて「働き方改革」への取り組みが本格化している昨今、多くの企業では、限られた労働時間内で生産性高く働くために、ビジネスチャットや社内SNSといった次世代コミュニケーションツールを導入し始めています。
しかし真の働き方改革とは、導入から一歩進んで「活用」できてこそ実現できることであり、活用のためには浸透が不可欠です。もし、ツールの活用について課題を感じているご担当者様がいらっしゃいましたら、この3つのポイントを整理してみてはいかがでしょうか?





社内外でのコミュニケーション不足を解消したい!
ツールを活用した働き方改革のススメ


本資料はそんな各担当者の生の声と診断ツールをお付けし、コミュニケーションの課題を解決する方法をご紹介します。ぜび、コミュニケーションの課題を解決するための検討材料にしてみてはいかがでしょうか。
コミュニケーションツールスペシャルコンテンツ



ビジネス版コミュニケーションツールで人気の高いサービスの紹介


ビジネスチャットサービス