代永 健二 | 販売職 | コネクシオ株式会社 採用サイト

コネクシオ株式会社

未来を拓く、
スマートライフ。

CONEXIO RECRUITING
販売職採用

INTERVIEW

代永 健二

「カッコよくありたい」
そして「目標とされる人間でありたい」

代永 健二

首都圏ショップ営業第二部 営業三課
2004年入社
※掲載内容は取材当時のものです

アルバイトからのキャリアアップ

私は2004年にアルバイトで入社しました。手に匠の技術があるわけでもなく、特別な資格もない。接客くらいしかできることはないけれど、これからの世の中に欠かせない携帯なら将来性があるかもと入社。そこで、当時の店長がさまざまな事にチャレンジする機会を与えてくれたおかげで、リーダーシップを発揮するチャンスを得て、チームワークで目標を達成する楽しさを実感しました。周囲を明るく楽しく(たまに厳しく)盛り上げられる自分の強みを生かせる職場だと感じ、社員登用推薦を受けて正社員になりました。そこからはリーダー、副店長、店長と順調に成果をあげてキャリアを積み重ねてきました。
面白いのはキャリアアップするごとに、仕事に求められることと同時に、自身の意識や視座も高くなること。最初は自分自身の課題に向き合い成績を上げればよかったけれど、リーダーになればチームとしての目標に邁進しなくてはいけませんし、店長になれば人、物、金、情報のすべてを管理し店舗をマネジメントしなくてはいけません。初めて副店長を任せられた西葛西店では、朝、本社から大量のメールが送られてきたのを見て驚きました。つまりそれだけ多くの情報を必要とする職務であり、キャリアを重ねれば重ねるほど、自身の世界も広がっていくのです。

社員が働いている様子

スローガンは「店♡族」

現在はドコモショップアクロスモール新鎌ヶ谷店の店長を務めつつ、千葉エリア4店舗の販売実績を管理するエリアマネージャーを兼任し、ふたつの立場を持つ職責を楽しんでいます。まず、店長の面白さは自由に店舗運営を行えるところでしょう。店舗方針を掲げ、全員の力をひとつにして目標に邁進する。ちなみに我が店舗のスローガンは「店♡族:ミセ・ラブ・ゾク」。店舗は睡眠時間を除けば1日の大半を過ごす場所です。スタッフは家族と同じ存在であり、だからこそ暖かく、そして厳しく導いていきたい。そんな想いを込めました。ちなみにこのスローガンは「家♡族」という冊子のキャッチコピーからの拝借ですが、なかなか気に入っています。
一方で、店長は販売、リスク、お客様満足、スタッフの育成やモチベーションを管理する責務を担っています。本社が求めることを分かりやすく噛み砕き、現場に浸透させるパイプ役でもあり、自分の一挙手一投足がスタッフのモラルやモチベーションに影響を与えているという強い自覚を持つ必要があります。
対してエリアマネージャーは店長が相手の仕事です。エリア全域の販売を管理し、指導するといっても、能力が高く経験値も豊富な者ばかりですから、私自身も刺激を受け多くの気づきを得られるという面白さがあります。

社員が働いている様子 社員が働いている様子

つねにフェアで誠実にあれ

私はこれまで「カッコよくありたい」、そして「モテたい」と願って仕事をしてきました。コネクシオの企業理念にある、誠実さやフェアさ。それが「カッコよさ」の基準です。これは一般論ですが、ビジネスの中には目先の利益を優先してしまうことがあります。もし店長がそんな判断をしたら、全員がそれでいいのだと思ってしまいますよね。それは決してカッコよくない。
モテたいというのは、男女問わず誰からも「私もあんな人になりたい」と目標にされるような人間になりたいという意味です。そしてどんなときでもフェアで誠実であることがモテるための必要最低条件だと私は思います。加えて店長には愛情も必要でしょう。スタッフが壁にぶつかったときには支え、間違ったことは厳しく指摘し、正しい方向に導く。そのためには1対1コミュニケーションの時間を作り、お互いに意見を交換し合えるような環境を用意することが大切だと考えています。

社員が働いている様子
社員が働いている様子

© 2022 CONEXIO Corporation All Rights Reserved.